top of page

SaMD産学官サブフォーラム2023~プログラム医療機器における産学官連携~ 開催のお知らせ

“SaMD産学官サブフォーラム2023~プログラム医療機器における産学官連携~”


日時:2023年2月6日(月)14:00~18:00

場所:AP虎ノ門RoomA(Web併用)

(〒105-0053 東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル11F)

定員:対面式60名、Web参加1200名 (※参加人数に変更がございます)

参加費:無料


プログラム

第一部 プログラム医療機器の利活用における診療報酬制度の在り方について(14:00 ~ 15:30)


1. 診療報酬制度におけるプログラム医療機器の評価について

   厚生労働省 保険局 医療課医療医術評価推進室長 中田 勝己


2. SaMDに関する診療報酬制度の課題と業界の期待 ~重要な医療政策の加速等に向けて~

   日本医療機器産業連合会 機器保険委員会 副委員長  須賀 秀徳


3. SaMDの未来を描く診療報酬のあり方

   日本医療ベンチャー協会 理事 原 聖吾


<総合討論>

   座長:公益財団法人医療機器センター 専務理事  中野 壮陛

   パネリスト:第一部登壇者


第二部 プログラム医療機器における医療データの利活用について(15:30 ~ 17:00)


4. 行政から見た医療データ利活用の今後の課題

   厚生労働省 大臣官房 厚生科学課 厚生科学課研究企画官 高江 慎一


5. SaMDに対する医療データ利活用における業界側の期待と課題

   日本医療機器産業連合会 プログラム医療機器対応WG 保険対応SWG副主査 成行 書史


6. データ提供側の医療機関の現状

   香川大学医学部附属病院 医療情報部 教授 横井 英人


<総合討論>

   座長:公益財団法人医療機器センター 専務理事  中野 壮陛

    パネリスト:第二部登壇者


情報交換会(17:00 ~ 18:00:対面式参加者のみ)


SaMD産学官連携フォーラムウェブサイト



参加申込フォーム





最新記事

すべて表示

「スーパーコンピュータ「富岳」医療・創薬活用ワークショップ」開催のお知らせ

スーパーコンピュータ「富岳」医療・創薬活用ワークショップの開催について 2021年3月から、スーパーコンピュータ「富岳」の共用が開始し、3年が経過しました。 我々は、京大、理研、UT-Heart研究所、東大、横浜市大、大阪大、東工大、筑波大、弘前大などが連携し、 2023年4月より文部科学省の研究開発事業「富岳」成果創出加速プログラム 「富岳で目指すシミュレーション・AI駆動型次世代医療・創薬」

第24回(2024年度)「一般財団法人材料科学技術振興財団 山崎貞一賞」募集のお知らせ

一般財団法人 材料科学技術振興財団様より、 第24回(2024年度)「一般財団法人材料科学技術振興財団 山崎貞一賞」募集のお知らせが届きました。 是非、皆さまからのご応募をお待ちいたしております。 <第24回山崎貞一賞 募集概要> ■山崎貞一賞 「一般財団法人材料科学技術振興財団山崎貞一賞(以下、山崎貞一賞)」は、 科学技術水準の向上とその普及啓発に寄与することを目的とし、また、 当財団の初代理事

Comments


bottom of page