“SaMDフォーラム2022 〜プログラム医療機器における産学官連携〜”のご案内

“SaMDフォーラム2022 〜プログラム医療機器における産学官連携〜”

日時:2022年2月4日(金)13:30〜16:30 場所:ニッショーホール(リアルタイムでのWeb配信も実施) (〒105-0021 東京都港区東新橋1-1-19 ヤクルト本社ビル内) 定員:会場200名、Web配信500名 参加費:無料 プログラム 1. 開会の辞(13:30〜13:45)   厚生労働省、経済産業省、前衆議院議員 塩崎恭久 2. アカデミアにおけるプログラム医療機器の研究開発と課題(13:45〜14:15)   (診断分野)昭和大学横浜市北部病院消化器センター 講師 三澤将史   (治療分野)京都大学大学院医学研究科 教授 古川壽亮 3. 産業界におけるプログラム医療機器の実用化と課題(14:15〜15:00)   (診断分野)エルピクセル株式会社 代表取締役 島原佑基   (治療分野)株式会社CureApp 薬事部長 緒方 剛   (治療分野)塩野義製薬株式会社DX推進本部デジタルインテリジェンス部長 小林博幸 4. プログラム医療機器の研究開発支援(15:00〜15:15)   経済産業省 商務・サービスグループ 医療・福祉機器産業室長 廣瀬大也 5. プログラム医療機器の承認審査(15:15〜15:30)   (独)医薬品医療機器総合機構 プログラム医療機器審査室長 岡﨑 譲 6. プログラム医療機器の医療保険上の評価(15:30〜15:45)   厚生労働省 医政局 経済課 医療機器政策室長 堀岡伸彦 7. 総合討論(15:45〜16:25)   座長:(公財)医療機器センター 専務理事 中野壮陛   パネリスト:演者 8. 閉会の辞(16:25〜16:30)   経済産業省 商務・サービス政策統括調整官 田中一成 ※進行:厚生労働省医薬・生活衛生局医療機器審査管理課長 関野秀人


SaMD産学官連携フォーラムウェブサイト https://dmd.nihs.go.jp/samd/index.html

参加申込フォーム https://forms.office.com/pages/responsepage.aspx?id=vUCLicCpLUGdLX2umsqsnyeD66w5R2tLkqXWZl87nFlUN0UxUDEyMTMyTlg1WUNDSTg4QUdUSUdPMS4u


“SaMDフォーラム2022 〜プログラム医療機器における産学官連携〜”のご案内
.pdf
Download PDF • 894KB

最新記事

すべて表示

第11回生命医薬情報学連合大会(IIBMP2022)が2022年9月13日(火)~15日(木)に千里ライフサイエンスセンターで開催されます。 本大会の口頭発表、ハイライトトラック、ポスター発表の申込受付を開始しました。 大会ウェブサイト: https://www.jsbi.org/iibmp2022/ 演題登録サイト: https://www.jsbi.org/iibmp2022-static/s