“SaMDフォーラム2022 〜プログラム医療機器における産学官連携〜”のご案内

“SaMDフォーラム2022 〜プログラム医療機器における産学官連携〜”

日時:2022年2月4日(金)13:30〜16:30 場所:ニッショーホール(リアルタイムでのWeb配信も実施) (〒105-0021 東京都港区東新橋1-1-19 ヤクルト本社ビル内) 定員:会場200名、Web配信500名 参加費:無料 プログラム 1. 開会の辞(13:30〜13:45)   厚生労働省、経済産業省、前衆議院議員 塩崎恭久 2. アカデミアにおけるプログラム医療機器の研究開発と課題(13:45〜14:15)   (診断分野)昭和大学横浜市北部病院消化器センター 講師 三澤将史   (治療分野)京都大学大学院医学研究科 教授 古川壽亮 3. 産業界におけるプログラム医療機器の実用化と課題(14:15〜15:00)   (診断分野)エルピクセル株式会社 代表取締役 島原佑基   (治療分野)株式会社CureApp 薬事部長 緒方 剛   (治療分野)塩野義製薬株式会社DX推進本部デジタルインテリジェンス部長 小林博幸 4. プログラム医療機器の研究開発支援(15:00〜15:15)   経済産業省 商務・サービスグループ 医療・福祉機器産業室長 廣瀬大也 5. プログラム医療機器の承認審査(15:15〜15:30)   (独)医薬品医療機器総合機構 プログラム医療機器審査室長 岡﨑 譲 6. プログラム医療機器の医療保険上の評価(15:30〜15:45)   厚生労働省 医政局 経済課 医療機器政策室長 堀岡伸彦 7. 総合討論(15:45〜16:25)   座長:(公財)医療機器センター 専務理事 中野壮陛   パネリスト:演者 8. 閉会の辞(16:25〜16:30)   経済産業省 商務・サービス政策統括調整官 田中一成 ※進行:厚生労働省医薬・生活衛生局医療機器審査管理課長 関野秀人


SaMD産学官連携フォーラムウェブサイト https://dmd.nihs.go.jp/samd/index.html

参加申込フォーム https://forms.office.com/pages/responsepage.aspx?id=vUCLicCpLUGdLX2umsqsnyeD66w5R2tLkqXWZl87nFlUN0UxUDEyMTMyTlg1WUNDSTg4QUdUSUdPMS4u


“SaMDフォーラム2022 〜プログラム医療機器における産学官連携〜”のご案内
.pdf
Download PDF • 894KB

最新記事

すべて表示

【主催団体名】 大阪大学蛋白質研究所 【内容・概要】 当研究所では「蛋白質研究 共同利用・共同研究拠点」として、下記の8事業について公募いたします。 2023年度よりMicroED共同利用研究課題が新規事業として加わります。 1.8事業名: (1)共同研究員 (2)国際共同研究 (3)生体超分子複合体構造解析ビームライン共同利用研究課題 (4)超高磁場NMR共同利用研究課題 (5)クライオ電子顕微

日頃より、 医療AI人材育成拠点プログラムの活動にご協力を賜り厚く御礼申し上げます。 下記ならびに添付の通り、 保健医療分野における AI 研究開発加速に向けた 人材養成産学協働プロジェクト 第2回合同シンポジウムを開催することとなりましたのでご案内申し上げます。 保健医療分野における AI 研究開発加速に向けた人材養成産学協働プロジェクト第2回合同シンポジウム 令和 2 年 11 月に文部科学省

東京医科歯科大学・M&D(エムディー)データ科学センター・AIシステム医科学分野にて、 特任助教の公募がはじまりました。 公募詳細は下記のとおりとなります。 是非、皆様からのご応募をお待ちいたしております。 記 職名及び人数 特任助教 1名 所属    M&D(エムディー)データ科学センター 専門分野  バイオメディカルAI、システム生物学あるいは関連領域 採用時期  2023年4月1日 応募資格