日本メディカルAI学会公認資格試験について

日本メディカルAI学会公認資格は文部科学省様より後援を受けCBT形式で実施いたします。



2021年3月1日に文部科学省様の決裁がおり、日本メディカルAI学会公認資格試験は文部科学省後援の資格試験として実施することになりました。また新型コロナ感染症対策の一環として、今後はCBT(Computer Based Testing)形式で試験を行います。CBT形式への移行に関しましては、株式会社キカガク様より多大なるご協力をいただきました。日本メディカルAI学会公認資格に興味をお持ちの方は、是非受験のほど宜しくお願いいたします。尚,

本公認資格は、キカガク様が運営しております、『脱ブラックボックスコース』(基礎編)及び『メディカルAI専門コース』の講義を受講していただき、章末に設けられているテストに全て合格することで資格取得に進めることができます。詳細は下記をご参照ください。


(公認資格専用HP)https://cbt-medical-ai.kikagaku.co.jp/

≪問合せ先≫

株式会社キカガク

カスタマーサポート窓口

E-Mail:support@kikagaku.co.jp



本公認資格は取得後3年間が有効期間となっており、2018年度に取得された会員様は2021年度に更新の講習を行います(第3回日本メディカルAI学会学術集会期間中[6/11~6/12:講習は90分程度でオンライン受講可])。詳細は後日資格を取得されている方々に改めてご連絡いたします。



最新記事

すべて表示

【主催団体名】 大阪大学蛋白質研究所 【内容・概要】 当研究所では「蛋白質研究 共同利用・共同研究拠点」として、下記の8事業について公募いたします。 2023年度よりMicroED共同利用研究課題が新規事業として加わります。 1.8事業名: (1)共同研究員 (2)国際共同研究 (3)生体超分子複合体構造解析ビームライン共同利用研究課題 (4)超高磁場NMR共同利用研究課題 (5)クライオ電子顕微

日頃より、 医療AI人材育成拠点プログラムの活動にご協力を賜り厚く御礼申し上げます。 下記ならびに添付の通り、 保健医療分野における AI 研究開発加速に向けた 人材養成産学協働プロジェクト 第2回合同シンポジウムを開催することとなりましたのでご案内申し上げます。 保健医療分野における AI 研究開発加速に向けた人材養成産学協働プロジェクト第2回合同シンポジウム 令和 2 年 11 月に文部科学省

東京医科歯科大学・M&D(エムディー)データ科学センター・AIシステム医科学分野にて、 特任助教の公募がはじまりました。 公募詳細は下記のとおりとなります。 是非、皆様からのご応募をお待ちいたしております。 記 職名及び人数 特任助教 1名 所属    M&D(エムディー)データ科学センター 専門分野  バイオメディカルAI、システム生物学あるいは関連領域 採用時期  2023年4月1日 応募資格