第3回日本メディカルAI学会学術集会延期開催のご案内

更新日:8月26日

各位

拝啓 仲秋の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は格別のご厚誼にあずかり、厚く御礼申し上げます。

さて、世界的にコロナ禍の影響が続く中、学会として状況を見守って参りましたが、第3回日本メディカルAI学会学術集会に関しまして、下記の理由で延期開催することを理事会で決定いたしました。

  1. 一般的に冬季はウイルス感染症が流行しやすく、新型コロナウイルスは冬季に流行する可能性が高いという報告も県衛研などからなされている事から、当初予定していた大寒の時期の開催は、公衆衛生上安全の確保が難しい。

  2. コロナ禍の影響で、大学入試や大学の定期試験などの方法も見直しが求められており、日本メディカルAI学会会員様の多くが大学職員であられる現状を鑑みると、今年度の年度末はスケジュールの見通しが立ちにくく、その時期の開催は得策ではない。

学会員の皆様にご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ありませんが、ご勘案の程何卒宜しくお願い申し上げます。尚、延期後のスケジュールは、2021年6月11日(金)~12日(土)に決定いたしております。演題募集は2021年1月より開始することを予定しておりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

また、日本メディカルAI学会公認資格試験に関しましては、ウィズコロナ/アフターコロナの時代において、政府がDigital Transformation (DX)を推奨している事、また大学入試や定期テストにおいてもオンライン化が進んでいる現状を鑑みまして、今年度から全面的にオンライン化試験に移行することを理事会で決定いたしました。詳細に関しましては、11月頃に発表する予定です。

菅新内閣においては「デジタル庁」創設も発表されており、今後当学会の本邦における役割は益々重要になっていくと判断しております。引き続き当学会の活動へのご協力を賜る事ができますと光栄に存じます。

末筆となりましたが、引き続きコロナ禍は我々の生活の脅威になっております。会員の皆様におかれましてはくれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

敬具

第3回日本メディカルAI学会学術集会 大会長 井元 清哉拝 一般社団法人日本メディカルAI学会 代表理事 浜本 隆二拝


最新記事

すべて表示

大阪大学蛋白質研究所 共同利用・共同研究拠点7事業 2022年度募集のお知らせ

【主催団体名】 大阪大学蛋白質研究所 【内容・概要】 当研究所では「蛋白質研究 共同利用・共同研究拠点」として、下記の7事業について公募しています。 1.7事業名: (1)共同研究員 (2)国際共同研究 (3)生体超分子複合体構造解析ビームライン共同利用研究課題 (4)超高磁場NMR共同利用研究課題 (5)クライオ電子顕微鏡共同利用研究課題 (6)蛋白質研究所セミナー (7)客員フェロー 2.応募