科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業 ACT-X 「AI活用で挑む学問の革新と創成」研究領域の2022年度研究提案募集のお知らせ

 JSTでは、戦略的創造研究推進事業 CREST/さきがけ/ACT-X におきまして、

2022年度の研究提案募集を開始いたしました。

 そのうち、このご連絡におきましては、若手研究者を支援・育成するプログラムである 「ACT-X」

(個人研究型)として実施しております複数の実施領域の一つ、


ACT-X研究領域 「AI活用で挑む学問の革新と創成」

(研究総括:國吉康夫 東京大学 大学院情報理工学系研究科 教授)の2022年度(第3期)研究提案募集

についてお知らせいたします。


 募集内容の詳細につきましては、当機構の研究提案募集ホームページ、ACT-Xホームページを

ご覧いただきますようお願い申し上げます。皆様からのご提案を心よりお待ちしております。


研究提案募集ホームページ

https://www.jst.go.jp/kisoken/boshuu/teian.html

応募締切 :2022年5月31日(火)正午厳守


〇 ACT-X(プログラム概要)

https://www.jst.go.jp/kisoken/act-x/about/index.html


〇 ACT-X「AI活用で挑む学問の革新と創成」研究領域

https://www.jst.go.jp/kisoken/boshuu/teian/top/ryoiki/ryoiki_a03.html


○ 募集説明会 4月27日(水)(説明会へのご参加は、応募条件ではありません)

https://www.jst.go.jp/kisoken/boshuu/teian/top/setsumeikai.html


●研究提案募集に関するお問い合わせ先

 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)戦略研究推進部

 [募集専用]E-mail:rp-info@jst.go.jp

最新記事

すべて表示

横浜市立大学先端医科学研究センターでは、バイオインフォマティクスの研究分野及び教育を担当できる教員を公募致します。 本学の横浜市立大学先端医科学研究センターバイオインフォマティクス解析センターでは、各種オミックスデータを中心としたデータを対象に、バイオインフォマティクスや機械学習・人工知能を用いた医学研究を推進するとともに、そのような解析技術を持つ人材の育成を行なっています。 バイオインフォマティ

第4回日本メディカルAI学会学術集会参加者の皆様から、大変多くの投票をいただき、 学術集会事務局が厳重に管理し開票を行った結果、今年は下記の方々の受賞が決まりました。 受賞された皆様、本当におめでとうございます。 今後益々のご活躍を心よりお祈りいたしております。 【優秀一般演題賞】 *AIによる4D超音波の胎児表情認識と時系列解析 宮木 康成 [三宅おおふくクリニック] *ChIP-Atlas 2